名古屋大学メール転送サービス (卒業生・退職者向け)

「名古屋大学メール転送サービス」は,名古屋大学の構成員(学生や教職員等)が名古屋大学を離籍した後でも,名古屋大学のメールアドレスを利用することができるようにするサービスです.在籍中は全学メールサービスのアドレスに転送されます.離籍後に転送先の変更ができます.

このサービスは,全学メールアドレスを取得していることが条件です.

このサービスで使用するアドレスは,次のように全学メールサービスのアドレスをもとにして作成します.

  • 全学メールサービスのアドレス: familyname.firstname@*.mbox.nagoya-u.ac.jp
  • メール転送サービスのアドレス: familyname.firstname@*.nagoya-u.jp

全学メールサービスのアドレスは,離籍後6か月で無効となりますが,メール転送サービスのアドレスは,その後も永続的に利用が可能です.

注意)本サービスは既存のメール転送サービス(メールエイリアスサービス)とは異なるサービスです.

転送先の設定

メール転送サービスはメールボックスの提供を行わず,本サービス以外のメールアドレスへの転送を行うサービスです.したがって,転送先として有効なメールアドレスが設定されていない場合はメールを受け取ることができず,発信者に user unknown で戻されます.転送先の初期設定は全学メールサービスのアドレスになっており,設定変更は下記のサイトから行うことができます.

https://admin.mbox.nagoya-u.ac.jp/zengaku/mailalias/

このサイトは,離籍後6か月経過し、全学メールアドレスが無効になった方のみ利用できます.

全学メールアドレスが有効な方は、下記のサイトから設定してください.

https://www2.itc.nagoya-u.ac.jp/zengakumail/

在籍中に全学メールサービスに転送先を設定している場合には,離籍時に自動的にメール転送サービスの転送先として設定されます.

離籍後6か月以内に,全学メール以外の有効なアドレスを転送先として設定してください.

必要な手続き

全学メールアドレスの取得上で説明したとおり,全学メールサービスのアドレスを取得している必要があります.

https://admin.mbox.nagoya-u.ac.jp/zengaku/mboxid/