Sylpheedの設定例

注. 設定例は Windows版 2.48 を元にしています。

Sylpheed は、ソフトウエアの仕様により、アカウントの設定が完了すると、メールの受信プロトコルを変更することができません。 「設定」-「新規アカウントの作成」から新規にアカウントを作成する必要があります。

(参考) http://sylpheed.sraoss.jp/doc/manual/ja/sylpheed-8.html#ss8.2

  1. 「設定」-「新規アカウントの作成」を選択

  2. 「基本」タブ内の項目を入力する
    「基本」タブ内の入力項目
    • サーバ情報
      • プロトコル: IMAP4
      • ユーザID: (指示された新メールアドレスを入力) 「基本」タブ設定例
        sylpheed01
  3. 「受信」タブ内の項目を入力する
    「受信」タブ内の入力項目
    • IMAP4
      • 認証方式: LOGIN 「受信」タブ設定例
        sylpheed02
  4. 「送信」タブ内の項目を入力する
    「送信」タブ内の入力項目
    • 認証
      • SMTP認証(SMTP AUTH)にチェックを入れる 「送信」タブ設定例
        sylpheed03
  5. 「SSL」タブ内の項目を入力する
    「SSL」タブ内の入力項目
    • IMAP4
      • IMAP4の接続にSSLを使用 を選択
    • 送信(SMTP)
      • SSLセッションの開始にSTARTTLSコマンドを使用 を選択 「SSL」タブ設定例
        sylpheed04
  6. 「高度な設定」タブ内の項目を入力する
    「高度な設定」タブ内の入力項目
    • SMTPポートを指定 のチェックをいれる
      ポート番号 587 を入力する
    • IMAP4ポートを指定 のチェックをいれる
      ポート番号 993 を入力する 「高度な設定」タブ設定例
      sylpheed05
  7. 「OK(O)」を押して設定を完了する 送受信の前に
    「ファイル」-「メールボックス」-「フォルダツリーを再構築」
    の選択が必要となる場合があります。