利用申請・案内

 名古屋大学情報基盤センターが管理運営する全国共同利用のスーパーコンピュータシステム及び アプリケーションサーバシステムを利用するには,利用申請が必要となります.



利用に関する内規・規定

 利用資格や利用負担金については,以下をご参照ください.

以下に利用規定の第2条(利用の制限)を抜粋します.

第2条 センターの大型計算機システムの利用は,当該利用が学術研究又は産学官連携の推進に寄与することを目的とし,かつ,その成果を公開し得る場合に限る。ただし,次条第1項第6号に定める者でセンター長の許可を得た者は,その成果を非公開とすることができる。

以下に利用規定の第3条(利用の資格)を抜粋します.

第3条 センターの大型計算機システムを利用することのできる者は,次の各号のいずれかに該当する者とする。

一 大学,高等専門学校又は大学共同利用機関の専任の教員及びこれに準ずる者

二 文部科学省が所轄する機関(前号に規定する機関を除く。)に所属し研究を行う者

三 学術研究又は学術振興を目的とする国又は地方公共団体が所管する機関(前2号に規定する機関を除く。)に所属し,専ら研究に従事する者

四 学術研究を目的とする機関(前3号に規定する機関を除く。)で,かつ,センター長が大型計算機システムの利用を適当と認める機関に所属し,専ら研究に従事する者

五 民間企業その他法人(第1号から前号までに規定する機関に該当する法人を除く。以下「民間企業等」という。)に所属し,第1号から第4号までに規定する機関との契約により,学術研究を目的とする共同研究の研究分担者として,当該研究に参加し,専ら研究に従事する者

六 民間企業等に所属し,学術研究を目的とした公的研究費の交付を受けて,学術研究を行う者(前号に該当する者を除く。)

七 民間企業等に所属する者(第5号及び前号に規定する者を除く。)のうち,センターにおける大型計算機システムの利用に係る審査を経てセンター長がその利用を適当と認めたもの

八 第1号に規定する者から研究指導を受ける学生

九 その他センター長が大型計算機システムの利用を適当と認めた者

2 前項第7号に規定するセンターにおける大型計算機システムの利用に係る審査に関し必要な事項は,別に定める。

利用開始前の手続き

一般利用

 一般的な学術利用の方はこちらになります.利用申請書に必要事項を記入し,ご提出ください.

お問い合わせ先: 共同利用担当

機関利用

 同じ機関に所属する複数の方がご利用される場合には,機関単位での申請も受け付けております.ご検討の方はお問い合わせください.

お問い合わせ先: Q&A SYSTEM

リテラシー利用

 スーパーコンピュータを利用した研究を目的とする実習を行う場合にご利用いただけます.ご検討の方はお問い合わせください.

お問い合わせ先: Q&A SYSTEM

民間利用

 民間企業その他法人の利用資格は利用規定第3条第6号に規定されています.ご検討の方はお問い合わせください.

お問い合わせ先: Q&A SYSTEM

利用開始後の手続き

追加負担金について

 基本負担金で取得したポイントで不足する場合には,追加負担金を負担していただくことでポイントを追加取得できます.以下の申請書に必要事項を記入し,ご提出ください.

お問い合わせ先: 共同利用担当

vSMP利用申請について

 仮想大規模共有メモリシステムvSMPは事前予約制となっております.利用を希望される方は,以下の申請書に必要事項を記入し,ご提出ください.

お問い合わせ先: 共同利用担当

仮想サーバ利用申請について

 仮想計算サーバの利用を希望される方は,以下の申請書に必要事項を記入し,ご提出ください.

お問い合わせ先: 共同利用担当

申請内容の変更・追加・取り消しについて

 一般利用の方は以下の申請書に必要事項を記入し,ご提出ください.

お問い合わせ先: 共同利用担当

 機関利用,リテラシー利用,及び民間利用の方はITヘルプデスクまでお問い合わせください.

お問い合わせ先: Q&A SYSTEM

利用終了後の手続き

お問い合わせ先: 共同利用担当