利用負担金

 名古屋大学情報基盤センター全国共同利用システム利用負担金規定

(趣旨)

第1条 名古屋大学情報基盤センター全国共同利用システム利用規程(平成20年度規程第88号。以下「利用規程」という。)第10条第2項の規定に基づく名古屋大学情報基盤センター(以下「センター」という。)が管理運営する全国共同利用のスーパーコンピュータシステムの利用負担金(以下「利用負担金」という。)については,この規程の定めるところによる。

(利用負担金の額等)

第2条 利用負担金の額は,一般利用負担金表(別表1-1),機関利用負担金表(別表1-2),リテラシー用負担金表(別表1-3)及び民間利用負担金表(別表1-4)及び成果非公開型民間利用負担金表(別表1-5),ノード占有利用負担金表(別表1-6)及び大規模ファイルシステム利用負担金表(別表1-7)に,経費の算定基礎額は負担経費表及びポイント数表(別表2)に定めるところによる。

(利用負担金の免除)

第3条 利用規程第10条第1項の規定にかかわらず,次の各号のいずれかに該当する場合は,利用負担金を免除する。

一 センターの責に帰すべき誤計算があったとき。

二 センターが必要とする研究開発のための計算をするとき。

三 その他センター長が特に認めたとき。

(徴収方法)

第4条 利用負担金の徴収は,次に掲げる方法によるものとする。

一 学内については,費用の振替による。ただし,科学研究費補助金,学術研究助成基金助成金又は名古屋大学政府補助金経理要項(平成16年度要項第39号)により取り扱う政府補助金で負担する場合にあっては,名古屋大学の発行する納入依頼書(以下「納入依頼書」という。)による。

二 学外については,納入依頼書による。

(雑則)

第5条 この規程に定めるもののほか,センターの利用負担金に関し必要な事項は,センター長が定める。

附 則
この規程は,平成21年5月25日から施行し,平成21年5月18日から適用する。
附 則(平成25年9月17日規程第41号)
この規程は,平成25 年10月1 日から施行する。
附則
この規程は,平成27年9月1日から施行する。
附則
この規程は,平成28年4月1日から施行する。
附則
この規定は,平成29年4月1日から施行する。

 
別表1-1(第2 条関係) 一般利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
基本負担金 利用登録1件につき年額 10,000 円
この場合において,基本負担金額10,000 円を1 円当たり1 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
追加負担金 経費の見込等に基づく任意の金額(1,000 円単位)
この場合において,追加負担金が100,000 円未満の場合は1 円当たり1ポイントに,100,000 円以上500,000 円未満の場合は1 円当たり1.2 ポイントに,500,000 円以上1,000,000 円未満の場合は1 円当り1.5 ポイントに,1,000,000 円以上の場合は1 円当たり2 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
備   考 1 基本負担金を負担することにより,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントの合計が1 円当たり1 ポイントに換算した場合に10,000 ポイントに達するまで,利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

2 基本負担金を負担し,かつ,1 回当たり次表の左欄に掲げる追加負担金を負担するときは,追加負担金について利用した経費がそれぞれ右欄に掲げる換算方法に基づく追加利用可能ポイント数に達するまで利用できるものとする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

1 回の追加負担金の入金額 追加利用可能ポイント数
100,000 円未満 追加負担金額を1 円当たり1 ポイントに換算したポイント数
100,000 円以上500,000 円未満 追加負担金額を1 円当たり1.2 ポイントに換算したポイント数
500,000 円以上1,000,000 円未満 追加負担金額を1 円当たり1.5 ポイントに換算したポイント数
1,000,000 円以上 追加負担金額を1 円当たり2 ポイントに換算したポイント数

別表1-2(第2 条関係) 機関利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
基本負担金 利用登録25 件につき年額 250,000 円
この場合において,基本負担金を1 円当たり2 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
追加負担金 経費の見込等に基づく任意の金額(100,000 円単位)
この場合において,追加負担金を1 円当たり2 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
備   考 1 機関利用負担金の申込みは,利用者が所属する機関単位で行うものとする。

2 基本負担金(250,000円)を負担することにより,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントの合計を1円当たり2ポイントに換算した場合に500,000ポイントに達するまで,利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

3 基本負担金を負担し,かつ,追加負担金100,000円を負担するときは,追加負担金について利用した経費を1円当たり2ポイントに換算した場合に200,000ポイントに達するまで利用できるものとする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

4 利用登録において25件未満となる利用登録件数については,当該登録件数を25件に切り上げるものとする。

別表1-3(第2 条関係) リテラシー利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
基本負担金 利用登録25 件につき一の年度における6 箇月の金額10,000 円
この場合において,基本負担金を1 円当たり5 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
追加負担金 経費の見込み等に基づく任意の金額(10,000 円単位)
この場合において,追加負担金を1 円当たり5 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
備   考 1 リテラシー用とは,スーパーコンピュータを利用した研究を目的とした実習を行うものをいう。

2 基本負担金(10,000円)を負担することにより,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントの合計を1円当たり5ポイントに換算した場合に50,000ポイントに達するまで,利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

3 基本負担金を負担し,かつ,追加負担金10,000円を負担するときは,追加負担金について利用した経費を1円当たり5ポイントに換算した場合に50,000ポイントに達するまで利用できるものとする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

4 利用登録において25 件未満となる利用登録件数については,当該登録件数を25 件に切り上げるものとする。

別表1-4 (第2 条関係) 民間利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
基本負担金 利用登録10 件につき年額 150,000 円
この場合において,基本負担金を150,000 円当たり60,000 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
また,6月までの新規申請に対して,6月末まで利用可能な機関限定ポイントを,基本負担金150,000円当たり15,000ポイントに換算して付与するものとする。
追加負担金 経費の見込み等に基づく任意の金額(150,000 円単位)
この場合において,追加負担金を150,000 円当たり60,000 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
備   考 1 民間利用とは,利用規程第3条第1項第6号の規定に基づきスーパーコンピュータを利用し,その成果を公表する場合のことをいう。

2 基本負担金(150,000円)を負担することにより,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントの合計が150,000円当たり60,000ポイントに換算した場合に60,000ポイントに達するまで,利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

3 基本負担金を負担し,かつ,追加負担金150,000円を負担するときは,追加負担金について利用した経費を150,000円当たり60,000ポイントに換算した場合に60,000ポイントに達するまで利用できるものとする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

4 利用登録において10 件未満となる利用登録件数については,当該登録件数を10 件に切り上げるものとする。

5 期間限定ポイントは,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントとして,当該期間限定ポイント数に達するまで利用可能とする。ただし,取得した期間限定ポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度の6月末までとする。また,通常ポイントと期間限定ポイントを保有している場合は,期間限定ポイントから優先して消費されるものとする。

別表1-5 (第2 条関係) 成果非公開型民間利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
基本負担金 利用登録10 件につき年額 250,000 円
この場合において,基本負担金を250,000 円当たり50,000 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
追加負担金 経費の見込み等に基づく任意の金額(250,000 円単位)
この場合において,追加負担金を250,000 円当たり50,000 ポイントに換算したポイント数を取得するものとする。
備   考 1 成果非公開型民間利用とは,利用規程第3条第1項第6号の規定に基づきスーパーコンピュータを利用し,その成果を非公開とする場合のことをいう。

2 基本負担金(250,000円)を負担することにより,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントの合計を250,000円当たり50,000ポイントに換算した場合に50,000ポイントに達するまで,利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

3 基本負担金を負担し,かつ,追加負担金250,000円を負担するときは,追加負担金について利用した経費を250,000円当たり50,000ポイントに換算した場合に50,000ポイントに達するまで利用できるものとする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

4 利用登録において10 件未満となる利用登録件数については,当該登録件数を10 件に切り上げるものとする。

別表1-6 (第2 条関係) ノード占有利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
ノード占有負担金 1ノードにつき 1時間当たり10円
備   考 1 ノード負担金とは,FXシステムにおける一部のノードを占有して利用する場合のことをいう。

2 ノード占有負担金のほか,ファイル使用負担ポイントを必要とする。この場合におけるファイル使用負担ポイントは,別表1-1で定める基本負担金及び追加負担金の合計額とし,算定方法は,別表2に準ずる。

3 占有できるノード数は,36ノード単位とする。

4 ノード占有は,登録時の利用期間及び年度を越えて利用できない。

別表1-7 (第2 条関係) 大規模ファイルシステム利用負担金表

負担金の区分 利用負担金額
大規模ファイルシステム負担金 1パーティッション(64TB)につき 540,000円
備   考 1 大規模ファイルシステム利用とは,学術研究のための大容量データを,保存するために利用する場合のことをいう。

2 大規模ファイルシステムは1パーティッション(64TB)単位とする。

3 大規模ファイルシステムの利用は,申請した年度を超えて利用できない。ただし,再度申請することにより,継続して利用することができる。

4 大規模ファイルシステム利用負担金として負担した額は,別表1-1で定める基本負担金及び追加負担金は含まれない。ただし,1度の申請で2パーティッション以上の申請した場合,大規模ファイルシステム利用負担金の総額の10分の1の金額を換算したポイント数を取得するものとする。

5 4で取得したポイントは,別表2の演算負担ポイント及びファイル使用負担ポイントとして,当該ポイント数に達するまで利用を可能とする。ただし,取得したポイントの有効期限は,当該ポイントを取得した年度内に限るものとする。

6 申請の受付は,月毎に行うものとし,年度途中から利用する場合の大規模ファイルシステム負担金の額は,年額の12分の1に相当する額に利用開始月から年度末までの月数を乗じて得た額とする。

別表2(第2 条関係) 負担ポイント数表

経費の区分 経費算定の基礎となるポイント数
演算負担ポイント バッチ処理 スーパーコンピュータ
経過時間1 秒につき 0.002 ポイントに使用ノード数を乗じて得たポイント数
共有メモリ型スーパーコンピュータ:経過時間1 秒につき0.002 ポイントに割り当てCPU ソケット数を乗じて得たポイント数
会話型処理 ログインノード
CPU コアの演算時間1 秒につき 0.002 ポイント

スーパーコンピュータ仮想SMPノード
1 日につき 200 ポイントに構成ノード数を乗じて得たポイント数
仮想計算サーバ:1 月につきVM 数に300ポイントを乗じて得たポイント数(ファイル使用負担ポイントを含む)
ファイル使用負担ポイント ファイルの使用容量が300GB 以下の場合
徴収しない。

ファイルの使用容量が300GB を超えた場合 超えた部分について
データ蓄積利用者の場合:
 1GB につき 1日当たり 0.024ポイント
それ以外の利用者の場合:
 1GB につき 1日当たり 0.01 ポイント
備   考 1 スーパーコンピュータのバッチ処理における演算負担ポイントは,当該ジョブの経過時間及び使用ノード数(ノード共有を含む。)又はCPU ソケット数により算定する。

2 スーパーコンピュータ仮想SMP ノードにおける演算負担ポイントは,予約日数及び構成ノード数により算定する。

3 ログインノードの会話型処理における演算負担ポイントは,1日単位で,かつ,システムごとに登録番号により使用したCPU コアの演算時間を集計し,算定する。

4 ファイル使用負担ポイントは,1 日単位で,かつ,登録番号ごとに使用量を集計し,算定する。

5 各区分の利用負担ポイントをポイントに換算した場合に1 ポイント未満の端数が生じるときは,これを切り上げる。

6 データ蓄積利用者とは,別表1-7で定める大規模ファイルシステムを除く利用で,10TB以上のファイルを保持し,かつ,判定時において過去3月間の間に消費されたポイントのうち演算負担ポイントの割合が5%以下となっている利用者のことをいう。この場合において判定時とは,利用開始から3月毎の期日をいう。